美し国まいろう。伊勢・鳥羽・志摩

今はこれが注目。伊勢・鳥羽・志摩 旬の情報

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

毎日が花火大会なんです♪

Image

金曜日はみなとまつり大会、土曜・日曜はビルフィッシュトーナメントと、祭り続きで盛り上がった週末の鳥羽でした。

さて、夏の風物詩のひとつ「打ち上げ花火」ですが、夏の間、鳥羽では毎日が花火大会なんですよ。

これは、旅館組合の方々が夏の鳥羽をもっと楽しんでもらおうと企画しているもので、7月28日~8月26日までの間、夜8時30分頃からの約5分間、毎日打ち上げ花火を見ることができるんです。

お昼は鳥羽水族館やミキモト真珠島、鳥羽湾めぐりなどで楽しんでいただき、夜はおいしい食べ物を食べ、その後は街中で出ていただいてビール片手に花火を堪能していただく♪

そんな、一日楽しめる夏の鳥羽にぜひお越しくださいね♪♪

↓詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.city.toba.mie.jp/kanko/matsuri/08-maiyo/index.htm

7月 30, 2007 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

まちの中は水族館。

Image_10

先日もエントリーさせていただいた、鳥羽神島カヌートライアルも少し天候が悪かったものの、無事そして盛大に終了しました。梅雨も明け、これからいよいよ夏本番という鳥羽です。

さて、「鳥羽のまちそのものを水族館に」をコンセプトに、流木や紙粘土などいろんな素材を使い、手づくりの海の生き物でまちを飾る「鳥羽まちなみ水族館が7月22日(日)~8月31日(月)まで今年もオープンしました。

この水族館は平成17年度から開催され、実行委員のみなさんの手によって流木や紙粘土に命を吹き込まれていくわけですが、鳥羽ビジターセンターでは期間中、手づくり体験もできます。

参加費は材料費だけでOK。もちろん、スタッフがアドバイスやお手伝いしてくれますので、安心してご参加いただけます。

この夏、モノより思い出をぜひ鳥羽で。

詳しくはこちら<鳥羽まちなみ水族館実行委員会>

http://www.geocities.jp/tobakirari/

上の写真は何に見えますか(?‗?)

7月 24, 2007 自然 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

東京で見つけた伊勢志摩。

Image_9

まさに夏到来。今日の鳥羽、窓を開けてのドライブにはもってこいの一日でした♪

さて、先日観光展で東京を訪れた時の一コマですが、日本橋のとある居酒屋さんで、伊勢志摩直送の魚介類を使ったお店を見つけました。

午後7時くらいでお店は大繁盛で中に入ることはできなかったのですが、東京でも伊勢志摩の魚介類が大人気なことは間違いないようです♪

お店には、少しあいさつをしてポスターと観光パンフレットを置かせていただき、今後とも伊勢志摩の宣伝をヨロシクとお願いし帰ってきたのですが、このような方々って芸能人などの観光大使以上に、伊勢志摩を宣伝くれる人たちだと実感できた一日でした。


東京だけでなく、県外で伊勢志摩出身の人たちがたくさん活躍されています。

著名なかたはもちろんですが、今回訪れた居酒屋さんのようなみなさんが、一番地域の宣伝に貢献してくれているのかもしれませんね。

7月 19, 2007 特ダネ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

シーカヤックで神島へGO。

Image_8

先日の台風から打って替わり、今日も一日素晴らしい天気の鳥羽でした。

さて、今週は今年で20回目を迎える夏の恒例イベント「鳥羽神島カヌートライアル」が開催されます。

このイベントは、鳥羽から神島までをシーカヤックで縦断するイベントで、毎年70艇もの参加者がみられます。

手軽に楽しめるマリンスポーツとしても人気の高いシーカヤックですが、このイベントは伊勢湾のすばらしいロケーションと、神島の方々の暖かいおもてなしが魅力的なんです。

島で食べる豊かな海の幸、島の人が叩く太鼓のおもてなし、小説「潮騒」の舞台になったロケーションの数々・・・、本当にすばらしい島です♪

夏から秋にかけて、食材はおいしくなる季節です。もちろんハイキングにももってこいです。

ぜひ一度神島を訪れてみては♪

7月 18, 2007 自然 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

太鼓の音が聞こえてきました。

Image_7

台風が近づいている模様。鳥羽も今週はちょっと危ないかもしれません・・・。

さて、7月27日(金)は夏の大イベント「第52回鳥羽みなとまつり大会」です。

この大会のメインは何といっても約3200発の海上花火大会なのですが、花火打上までにもたくさんの催物が行われるんですよ。

その中のひとつが太鼓の演奏。

今年は、「九鬼水軍太鼓」「神島潮騒太鼓」そして、南伊勢町から「南勢牛鬼太鼓」の3つが大競演です。

夜になると、市役所の周りでも「ドンドン」と太鼓の音が毎日のように聞こえてきます。きっと、この祭りに参加されるみなさんが、一生懸命練習をされているんだと思います。

来場されるみなさんはもちろんのこと、アトラクションに参加されるみなさんにとってもこの夏一番の思い出となるよう、スタッフ一同全力でこの祭りを運営し、そしてスタッフも全力で楽しみたいと思います♪

※写真は第50大会に出演していただいた「浜木綿太鼓」のみなさんです♪

7月 11, 2007 ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

鯨が現れたまち。

Image_6

今日の鳥羽は、雨もぱらつく天気でした。梅雨ですから雨も降ってもらわないとダメですよね。

さて、昨日もエントリーしましたが鳥羽の夏は祭りやイベントがいっぱいです。

ということで、今日は鳥羽市相差町で行われる「相差天王くじら祭り」を紹介します。

この祭りは、観音様がくじらに乗って現れたという伝説から始まったもので、町内の路地を大小の鯨御輿が練り歩き、最期には海女たちの手によって海に帰っていくというシーンがみどころ。

もちろん、飲食コーナーもあり祭りの雰囲気抜群で、夏の風物詩の花火大会も行われますので、ぜひこの日は鳥羽にお越しくださいね。

詳しくは・・・、相差町内会(0599-21-6660)までお問合せください。

○相差天王くじら祭り
【日時】7月14日(土)12時~
【場所】鳥羽市相差町

7月 10, 2007 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

しろんごさん。

Image2

今年は猛暑との予想です。鳥羽では、夏の祭り&イベントが幕を開け、暑い熱い毎日がこれから過ごせそうですよ!

昨日は鳥羽の夏のイベントの幕開けともいえる「熨斗あわび祭り」が開催され、たくさんのかたで賑わっていました。ここ国崎は、伊勢神宮に献上する熨斗あわび(あわびを剥いて干したもの)を2000年以上前から作っている土地で、その熨斗あわびを作る風景も昨日は見ることができました。

夏の祭り第2弾としては、7月11日にはこれもまた伝統的な海女の祭典「しろんごまつり」が、菅島のしろんご浜というところで開催されます。


この祭りは、白い磯着に身を包んだ島中の海女さんが集まり、普段は禁漁となっている浜で「あわび」の初採りを競う祭りです。

現在では黒いウェットスーツで作業をする海女さんですが、この日は昔ながらの衣装が見られるとあって、カメラマンのかたもたくさんみえます。※写真のようにカメラマンの人だかりです・・・


時間は8時30分からですので、お越しの際は7時57分発菅島行の市営定期船に佐田浜港からお乗りくださいね♪

7月 9, 2007 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

夏の鳥羽。

Image_4

梅雨もどこへ行ったのか、毎日が夏の陽気に包まれている鳥羽です。

去る6月29日には、市営安楽島海水浴場と千鳥ヶ浜海水浴場も海開きし、これからのシーズンがとても楽しみになってきました。

伊勢志摩といえば“夏”のイメージを持っている人も多いと思いますが、確かに祭りやイベントが夏には盛り沢山です。

鳥羽では、7月8日の熨斗あわび祭り(上写真)に始まり、スポーツイベント・花火大会などなど、楽しい内容でみなさんをお迎えしますよ。

この夏は、たくさんのお越しを心からお待ちしています♪

ご質問等はお気軽に「鳥羽市観光戦略室」(0599-25-1157)までどうぞ。

7月 5, 2007 | | コメント (0) | トラックバック (0)