美し国まいろう。伊勢・鳥羽・志摩

今はこれが注目。伊勢・鳥羽・志摩 旬の情報

« しめきり神事。 | トップページ | ☆オシドリの観察会☆ »

2007年1月 9日 (火)

盤の魚と弓引き神事。

°。。° 1月11日(木) 盤の魚と弓引き神事 °。。° 

Photo_23  場所: 宇気比神社(志摩市浜島町浜島)
  時間: 午後1時頃から
  
※写真は盤の魚

 盤の魚と弓引き神事とは・・・ 「盤の魚行事は、包丁、真名箸により出世魚「ボラ」を三枚におろし、小さく刻み、ナマスにし列席者氏子に配す。魚の一方を持ち返った氏子は神棚に供え、村内平和、家内安全、豊漁を祈願する。
 弓引き神事は、選出された未婚の青年2名が、二本の矢一対を大的、小的の順に射る。見物する若者たちは大的・小的に投げ石などして行事の中断させたりし、矢を外す。そのようにし、最後の「はずし矢」ででた今年の占いを語りながら幕をとじる。「はずし矢」の意味はよく分からないが、的の中心の黒い部分を射た時は、「祝直し」と称して翌日に再度行う。」

 「弓引き神事」にも「的中する事をよい」とする地区や、反対に「的を射ない方がよい」とする地区、さまざまで、浜島の弓引き神事は後者の方なんだそうです。 浜島の弓引き神事では、過去には3回、的を射てしまい、「祝直し」を行った事があるそうですよ!!  
 昨日のしめきり神事に続き、次の世代へと大切に引き継がれている伝統行事のご案内でした。

 さて・・・10月末から鵜方駅前をキラキラと、観光客を歓迎、道行く人の足を止めてきたイルミネーションですが、昨日をもって今期の任務を終了。朝から撤去作業が行われ、少しさびしいような・・・。 
 かわりに、春が来る頃には、色とりどりの花たちがお出迎えしてくれる事でしょう♪♪

 

1月 9, 2007 伝統 |

コメント

コメントを書く